アップル M1 Proの処理性能とは?違いは?

公開日: : Mac , ,

apple-macbookpro_m1pro-3

MacBookPro 2021年10月に新作発表されました。

Macシリーズでも、しっかりと長期間作業をしたい人に人気のモデルでです。

今回のMacBookProは、処理チップにM1 ProとM1 Maxを選択でき、このページではM1 ProでMaxまでの処理性能が必要ない人に向けた内容です。

M1 Proによって、M1との違いは何か、なにが変わったかを見ていきましょう。

プロユーザーはMacを頼りにして、最も選ばれてるのがMacBookProでした。

彼らは人墓地の生活を豊かにする素晴らしいアプリ開発。

私たちを感動させる音楽を生み出したり。

楽しませ、学ばせてくれる映画や番組を作るために、MacBookProを選びました。

世界を変えるために最もパワフルなMacのノートブックを求める人たちにとって、MacBookProは魅力的です。

apple-macbookpro_m1pro-5

M1 Proです。

M1ファミリーの新しいチップで革新的です。

apple-macbookpro_m1pro-1

アップルシリコンへの移行の意味は、Macに驚異的パフォーマンス・カスタムテクノロジー・電力効率の追求をもたらすためです。

M1はそれを実現しました。

最も人気システムを一変させただけでなく、PCの世界に衝撃を与えました。

多くのお客様を驚かせました。

しかし、それ以上のものを必要とするプロユーザーがいます。

彼らのための素晴らしいものを作りました。

apple-macbookpro_m1pro-2

M1 Proです。

SPONSORED LINK

基本構造の改善

apple-macbookpro_m1pro-6

これまでのノートパソコンは、電力を大量に消費するCPUとディスクリートGPUを使用してきました。

しかし、2チップアーキテクチャにはより多くの電力と冷却が必要。

また、CPUとGPUそれぞれに目盛りプールがあるため、より遅いインターフェイスでやり取りしてデータをコピーしなければいけなかった。

今日まで誰もプロ向けシステムにシステム音チップ設計を採用しませんでした。

メモリ

apple-macbookpro_m1pro-7

そこでM1の画期的なアーキテクチャをスケールアップして、

apple-macbookpro_m1pro-8

はるかに強力なM1 Proというチップを作り実現。

まずは、チップのファブリックを設計し直してシステム音チップの増強を可能にし一方でメモリインターフェイス幅を2倍にして、より速いDRAMを使いました。

apple-macbookpro_m1pro-10

これによりM1 Proは、最大200GB/sのメモリ帯域幅を実現します。

M1の3倍の目盛り帯域幅です。

apple-macbookpro_m1pro-11

そしてカスタムパッケージは最大32GBのユニファイドメモリに対応します。

CPU

apple-macbookpro_m1pro-12

M1 Proのダイは業界をリードする

5ナノメートルのプロセステクノロジーを用いて作られ、

apple-macbookpro_m1pro-13

337億個もの膨大なトランジスタを搭載しています。

apple-macbookpro_m1pro-15

M1の2倍以上。

apple-macbookpro_m1pro-16

これらのトランジスタは更にパフォーマンスを向上させます。

まずは8つの高性能コアと2つの高効率コアから成る10コアCPUで、

apple-macbookpro_m1pro-17

CPUのパフォーマンスがM1より最大70%速くなります。

グラフィックス

apple-macbookpro_m1pro-18

グラフィックスにおいて、M1 Proは、M1より8コア多い16コアのGPUを搭載します。

apple-macbookpro_m1pro-19

こうしたコアの追加と、メモリ帯域幅の増加によりM1 Proののグラフィックスパフォーマンスは、M1より最大2倍速くなります。

apple-macbookpro_m1pro-20

M1 Proは業界をリードするメディアエンジンを備え、これによって非常に少ない電力でビデオ処理を高速化します。

これによって非常に少ない電力でビデオ処理を高速化します。

その能力はProResで、より一層発揮されます。

ProResはプロのビデオ制作における最も高品質なコーデックの一つです。

ProResの高速化を加えることにより、M1 Proは、ほんの僅かな電力で、複数の4Kと8KのProResビデオのストリームを再生できます。

apple-macbookpro_m1pro-21

これも独自のシリコンを作る重要な利点です。

M1 Proは、完全なプロ向けシステムのために、ほかにも先進的な技術を導入しています。

例えば、複数のディスプレイを動作させるパワフルなエンジンや更なる入出力帯域幅を実現するThunderboltコントローラーの追加

apple-macbookpro_m1pro-22

他にもまだまだあります。

まとめ

apple-macbookpro_m1pro-23

メモリ

メモリを最大200GB/s M1の3倍の帯域幅に。

CPU

M1の2倍以上のトランジスタ数。

8つの高性能コアと2つの高効率コアから成る10コアCPU

M1より70%高速化。

GPU

M1 Proは、M1より8コア多い16コアのGPU

コア追加+メモリ帯域幅増加で、GPUパフォーマンスはM1より最大2倍速く。

動画再生

僅かな電力で、複数の4Kと8KのProResビデオのストリームを再生。

これがM1 Proです。

M1のアーキテックチャに基づきM1 Proは、Appleシリコンの驚異的なパフォーマンスを全く新しいレベルに引き上げます。

M1 Proは、ほかのどんなプロ仕様コンピュータとも異なります。

M1 Proは、ハードな使い方をしない人に十分な性能を持って、バッテリーも良いのが特徴的だと思いました。

M1のハイエンドモデルのチップの一つとして、バランスが取れた性能だと思います。

SPONSORED LINK

関連記事

t-s_imac_5k_retina_s

【iMac 5K Retina】Mac 30周年にふさわしい最高クラス液晶を備えたiMacが登場!

iMacが5K Retina 超高級ディスプレイになって刷新されました! 今回の、iMac 27

記事を読む

【特集!】Macでたのしい生活!

【特集!】Macをはじめよう!

  これからMacを始めたい人のための初心者入門の情報ページです! Mac

記事を読む

iMac Pro2017はどう凄い?機能&レビュー(感想)

iMac Pro2017はどう凄い?機能&レビュー(感想)

通常のiMacと、iMac Proは何が違うのか? プロの仕事でしっかりと使える内容になってい

記事を読む

mac mini 2014 8g

【Mac mini 2014年モデル購入レビュー】魅力・マシン性能・Yosemite OSの使い勝手を徹底調査!

・Macを使ってみたい人はいろんな人がいると思います。 たとえば、 iPhoneユ

記事を読む

macpro2019の性能とスペック&XDRディスプレイ。

【まとめ】プロ仕様:新Mac Proのグラフィックスパワー&XDRディスプレイとはどう進化したのか?!

ユーチューブで本格的に稼いでる人で、Macを使っている人には重要な内容だと思います。 プロレベ

記事を読む

初心者でも安心!Mac GarageBandで作曲を始めよう!! ~基本操作 & オーディオループ作曲講座編~ (使い方・編集法・テクニック)

【初心者も安心】Mac GarageBandで作曲を始めよう!! ~基本操作 & オーディオループ作曲講座編~ (使い方・編集法・テクニック)

この記事では、Macの大人気作曲ソフトのGarageBand(ガレージバンド)の使い方、基

記事を読む

macbook2015-tinybody-reason-s

MacBook(2015)のバッテリー技術が凄い! 世界最薄のノートブックに出来た理由。

MacBook2015はノートブックなのに、何故ここまで薄く出来たのか?(最大でも13.1

記事を読む

mac-system-setting-s

Macの初期設定方法! (壁紙・画面・ドック・バッテリー・省エネ)

Mac OS Xを導入したら、まずはじめにやりたい各種セッティング。(yosemite

記事を読む

Mac OS キャタリーナ新機能まとめ。(iPad用サイドカー機能)

【まとめ】新MacOS キャタリーナの新機能とは?

macOSも恒例の一年に一回のアップデート。 今回は、iPad OS, iOSと同じように日常

記事を読む

新MacBook(Pro)2017, iMac2017, MacOS HighSierra(ハイシエラ)の新機能とは?

新MacBook(Pro)2017, iMac2017, MacOS HighSierra(ハイシエラ)の新機能とは?

2017年の新しいマック・OS・iMac・MacBookProのラインナップです! macもi

記事を読む

コメントを残す

PAGE TOP ↑